住宅ローン審査通らない!!

フラット35は通った話

私たち夫婦は(妻:日本人・夫:外国人)という最近日本でよく見かける国際結婚のタイプです。

家を建てたい!!と思ったときは

夫は(永住権なし:会社員)

妻は(日本人だけど:会社と直接契約の契約社員)

という何とも審査に通りそうで通らない感じでした。

外国人が日本でローンを組む大前提は永住権を取得していること。

なのです。

そして、私(妻)は出産子育てにつき、パート職を辞めて契約社員の仕事に就いたのですが、家を建てたいと思い見学し始めた当初は契約社員になり、まだ半年という状況でした。

こんな状態なので、もちろん、メーカーの営業さんには

「永住権がないと・・・。」

「奥さんが正社員じゃないと・・・。」

と門前払いでした。ただ、私たちも家を建てたいという気持ちも強く持っていたので、しぶとく見学に行っていました。

そんな中、「ローン審査通してみましょうか!!」

と言ってくれた住友不動産で審査を通してみると、フラット35で審査が通りました。

主人は永住権がないので、そもそもスタートラインにも立てなかったので、

しぶしぶ、私の名前でローン審査に申し込みました。

住宅ローン審査をお願いしている時に、調べたことは、

・現在カーローン等ないこと

・延滞しているカード等ないこと

・携帯料金をしっかり払っていること

・公共料金をしっかり払っていること

など、不安になり色々調べましたが、結局のところ、

JICC:株式会社日本信用情報機構

CIC:株式会社シー・アイ・シー

全国銀行個人信用情報センター

に自分の黒歴史が乗っているかどうかなのです。

幸い、私は白歴史だったので、無事に審査に通ったのですが、自分たちの理想とする家は、ローンの審査で貸してもらえる金額では建てることができないと分かったのです。

なので、私が正社員、または、主人が永住権を取得するまで待とう!!ということになりました。

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2017年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■

共働き夫婦の効率の良い家づくり

注文住宅を依頼する会社を決めるまで

注文住宅を建てると決意し、私たち夫婦は3年間いろいろな住宅を見て回りました。

なぜ、3年もかかったのか・・・。

それはローンが組めなかったという問題もありますが、いろいろ見て回りたかったということもあります。

ローンが組めなかった理由は別記事にてお話します。

注文住宅業者を決めるまで、約30社見て回りました。

住宅を購入しようと考えている方は陥ったことがあるかもしれませんが

「お家建てたい!!」と思い、マイホームセンターを見に行き

「高すぎる・・・。また今度にしよう」と思い帰宅。

また、数か月後、再度、お家熱が始まると「今度は他のメーカー行ってみようか!!」と足を運び、
「やっぱり高い・・・。」と思い帰宅。

「今度は工務店に話を聞いてみようか!!」と建売の見学会に行くけれど「安いけど、本当に工務店っていいのかな?」という負のスパイラルへ陥る。

なんてことがあります。

そして、我が家もまんまと、この負のスパイラルへ陥ったわけです。

しかし、結果としてこの負のスパイラル中に色々な現場、建売、を見に行くことができ、住宅に詳しくなりました。

本を読み漁って勉強したり、住宅関係の友人に話を聞いたり、実際に家を購入した人に話をきいたり。

遠回りでもよかったのかもしれません。

そんな道のりを紹介していきます。

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2017年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■